ランドセルには様々な機能があります

小学校6年間使うからこそさまざまな機能が備わっています。軽さはもちろん、成長と共にベルトの調整が可能になる機能、最近ではA4サイズ対応も増えています。

何を基準にランドセルを選ぶとよいのでしょう

色やデザインが増えていて迷ってしまうのですが

昔でいえば赤と黒が定番だったランドセルですが、今では赤でも種類が豊富ですし、グリーンやブルーなどさまざまなカラーがありますね。好きなカラーと選ぶのではなく、実際に背負った印象や6年間飽きないカラーを選ぶことがポイントです。

素材の違いってなんでしょうか

ランドセルには主な素材として、人工皮革・コールバン・牛革に分けることができます。違いは重さと耐久性です。

子供のための機能ってなんですか

ランドセルには子供を守る機能が備わっているものもあります。反射材や防犯ブザーを取り付けることができるフック、引っかかったときにすぐに外れる引きずられ防止フックといった安全性能がついているタイプもあります。

ネットで購入するメリットはなんですか

人気モデルを自宅にいながら予約をすることができ、万が一の品切れや値下げもその場でチェックすることができます。

購入時期はいつがおすすめ

祖父母に購入してもらうことが多いランドセルは、購入タイミングのピークは8~9月です。4月からカタログを入手してチェックをはじめて、事前に展示会でモデルのチェックをしておきましょう。

購入するときに考えること

ランドセル

とにかく安いランドセルが欲しいと考えるのなら、前シーズンの売れ残り品を探してみましょう。お店は次のシーズンに向けて早く売ってしまいたいと考えていることが多いため、とても安い金額でランドセルを手に入れられる確率が高いです。もしも、安さにこだわらず、よいものを買ってあげたいと考えるならば、準備を早めに始めなければいけません。4月を過ぎると各メーカーが新作を発表するので、しっかりと調べて、買ってあげたいランドセルの目星をつけるようにしましょう。メーカーのホームページや資料を利用すれば、前もって新作の情報を手に入れられます。8月前後になると、ランドセルの予約が開始されるので、完売になる前に手続きをする必要があります。毎年人気になっているようなモデルの新作は、すぐに売り切れてしまう傾向があるため、悩むのは予約が開始される前までにしましょう。もしも、手続きが間に合わずに完売してしまった場合は、予約のキャンセル待ちを申し込むという手段もあります。

6年間使うものなので慎重に選ぼう

ランドセル

ランドセルは6年間ずっと小学校に通うときに利用するものなので、きちんと選ばなければお子様が不便な思いをするかもしれません。重さやサイズ、そして耐久性をしっかりと調べて、6年間不便なく活用できるものを選定してあげましょう。なお、昔は黒色と赤色のランドセルがほとんどでしたが、最近ではさまざまなカラーが揃っています。それに、イラストが書かれていたり刺繍がされていたりするランドセルも数多く存在しています。たくさんのデザインがあるため、大人だけで選ばずに、子供にも一緒に選んでもらったほうがよいでしょう。実際に使うのは子供なのですから、話を聞いて意見をきちんと取り入れたほうが、喜んでもらえるランドセルを購入できます。

広告募集中